足立区体育協会について

会長あいさつ

公益財団法人足立区体育協会
会 長  渡 邉  義 和

ごあいさつ

深秋の候、皆様におかれましては、ますます活気溢れていらっしゃることでしょう。

 「無観客」「緊急事態宣言」など、かつてない状況下での開催となった東京オリンピック・パラリンピック大会は無事幕を閉じました。
 大会の開催が1年延期となり、選手に与えた影響は計り知れなかったと思いますが、厳しい環境の中でトレーニングに励んできたアスリートの活躍に勇気づけられた人も多かったことでしょう。
 新型コロナウイルスワクチン接種の広がりにより、感染拡大を徐々に縮小していきました。当協会としても感染対策に取り組む中で、区民の皆様の理解を得ながら、スポーツ関連事業を再開していく所存です。
 緊急事態宣言が解除された今、皆様は様々な活動を再開していくことと思いますが、特にスポーツにはケガが付き物です。急にスポーツを始めるのではなく、ウォーキングやトレーニングなどを通じて自分の体の変化に耳を傾けながら少しずつ感覚を取り戻していってください。

 これからもスポーツを通して、健康で心豊かな、活力ある地域社会づくりに貢献できるよう努めてまいります。
今後とも、より一層のご支援ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

                                       令和3年11月吉日