会長あいさつ

公益財団法人足立区体育協会
会長 中田裕康

「ホームページへ、ようこそ!」

足立区体育協会は平成23年4月1日に公益財団法人となり、公益事業を推進して参りました。
本年度は区民に開かれた体育協会として、加盟団体との連携を一層強化し、一般区民へのスポーツ振興をさらに充実して参ります。

そのために、公益事業の中心である区民大会をはじめ、一般区民を巻き込んだ高齢者スポーツにおける区との協創、ジュニアスポーツ育成事業などのスポーツの場を創出して参ります。

【一】加盟団体への支援と競技力向上、ジュニアスポーツの育成を推進して参ります。

【二】区と協力して高齢者スポーツを普及させ障がい者スポーツにも配慮して参ります。

【三】2020年東京オリンピック・パラリンピック大会に向けた体制づくりと区民の機運醸成を区と協力して参ります。

【四】健康体力づくりを志向する区民の要望に応えるため、各連盟・協会に働きかけ、一般区民を対象とした事業を展開して参ります。

【五】新規競技団体の加盟を積極的に促進し体育協会の活性化と区民のスポーツ需要の喚起を図って参ります。

【六】加盟団体にコンプライアンス順守のための各種研修会等を実施し、社会規範に則した活動とリスクマネジメントの徹底を図って参ります。

以上六点に重点を置き、各加盟団体との情報交換の機会を積極的につくり、開かれた体育協会として、幅広い年代の意見を集め、次の世代に継承できるような組織づくりを進めて参りますので、今後とも足立区体育協会にご支援、ご協力をお願い申し上げます。